岩手県のローカル観光

[ivcs]
Type: article
Parent page: ローカル商品を試してみる
[/ivcs]

旅行好きの人でも日本の国内をすべて制覇している人は少ないですよね。ここでは穴場の観光地とその土地の製品についてご紹介します。

南部鉄器

岩手の名産品でまず最初に頭に浮かぶのが南部鉄器ですね。岩手では原料の鉄鉱石が豊富に採れるため、鉄器が盛んに作られてきました。今では赤、緑、オレンジ、白色など、30色の急須やティーポットが欧米人の人気を集めています。

前沢牛

高級ブランド肉をお土産にいかがでしょうか?日本各地の牛肉品評会で優秀な成績を納めてきた、有名なお肉です。他のブランド牛肉の中でも、特に最高峰の質を誇るのが前沢牛です。地元前沢産で育った良質な稲わらや、干し草を食べて育った品種です。

ぶすのこぶ

社長のひらめきから生まれたという面白い商品名のお菓子です。地元岩手ではテレビCMも人気で、ぶすな女性から落ちたこぶのお菓子…という何とも言えないコンセプトです。もちろん味はとても美味しいく、食べる前にオーブンで温めるとさらにおいしくいただけます。

福田パン

盛岡のソウルフードと言われており、地元で知らない人は誰もいません。学校の給食でも出てくるので、盛岡の人たちは福田パンで育ったといっても過言ではないでしょう。一見するとただのコッペパンですが、クオリティは段違いです。ボリュームがあり、非常にバラエティに富んだ味付けがあるので、地元の人たちによって長蛇の列ができます。

かもめの玉子

三陸沿いにはかもめがたくさん飛んでいるので、それがモチーフとなって誕生しました。素材にこだわった食べやすい大きさで、お土産にもピッタリです。